NEWS & TOPICS

ニュース/トピックス

2018.07.13

スマホだけじゃない!?ガラスコーティングの幅広い実用性!

NEWS & TOPICS

ガラスコーティングで何かを保護するとしたら、身の回りの製品のなかでイメージしやすいもののひとつにスマホが挙げられます。ですが、実はガラスコーティングはスマホ以外の製品にも施すことができるのです。では、どのようなものにガラスコーティングの保護ができるのかご紹介しましょう。

スマホのガラスコーティング、他にはどんなものを保護できる?
スマホ以外ではタブレットやパソコンにも施工可能なのは、想像の範疇といえるでしょう。これ以外の製品では、時計、眼鏡、アクセサリーなど金属製品、また靴、バッグなど革や布製品など様々なものに施工可能です。
眼鏡や時計、アクセサリーといった普段身に着ける品々もガラスコーティングとの相性はよく、眼鏡においては曇りを防ぐことができ、指紋などの皮脂汚れがふき取りやすくなります。全体的に保護すれば傷もつきにくくなるのです。銀のアクセサリーの黒ずみを抑えたり、金属アレルギーの緩和などの副次的な効果もある場合があります。
靴やバッグのなかには革で作られている製品がありますが、ガラスコーティングを施しても見た目はもちろんのこと、風合いを損なうようなことはありません。これらに対してもスマホ同様に汚れ・傷などから保護します。

また浸透型コーティングを用いると、表面が均一でなくザラザラの紙、布、木などにまでもコーティングすることが出来ます。晴れ着の草履や布の靴などに施工しておけば、泥跳ねなどの汚れから守ってくれます。

ガラスコーティングの実用性は?使用する上手の注意点は?
スマホは衝撃に強くなるため、多少落としたくらいではわれにくくなり。高級品がゆえに、持ち歩くことをためらわれていたブランドバッグなど、ガラスコーティングすることによって、傷や汚れがつきにくくなり、安心してご使用いただくことができるようになります。眼鏡やアクセサリーの類では曇りを防ぎ、美しさを保持できる点が魅力です。
このように実用性に優れているガラスコーティングですが、注意点もあります。スマホに施したガラスコーティングは硬度を増し衝撃には強くなりますが、手から滑り落ちてしまった場合などには、一点に集中する衝撃に弱いことから、割れてしまうことがないとは言えないのです。角から落ちると内側から衝撃が加わるためコーティングの下から割れてしまうケースは防ぎようがありません。このようなケースを防ぐために出来るだけ角だけ保護するようなカバーをつけていただければと思います。

大切なものはガラスコーティングがおすすめ!
スマホのみならず、貴金属類やバッグなどにも有効なガラスコーティングは、大切にしている品を保護する上でおすすめの方法です。奮発して高価な品を購入したけれど、外に出して傷がつくのは嫌だからと、ケースに入ったままになっている品物があれば、試してみるのもよいでしょう。
また、抗菌型のコート剤を使用することによって、カビやウィルスなどからも、大切な品物を保護することができます。過去に、実際にスマホをルートにしてウィルスに感染したという事例があります。日常的に使用するスマホに菌がいたとしても不思議はないですが、だからといって予防のために丸洗いすることはできません。ですが、抗菌型コート剤で保護すると、抗菌・抗ウィルス・防カビ等の効果があり、感染症から身を守ることに役立ちます。

まとめ
スマホ以外へのガラスコーティングの例をいくつかみてきました。硬いものだけではなく、柔らかい製品にも有効なガラスコーティング、プランによっては抗菌作用も加えられるので、大切なものへのガラスコーティングはオーパスナインにお任せください!