NEWS & TOPICS

ニュース/トピックス

2018.09.11

スマホのガラスコーティングの強度は?衝撃耐性と耐久性

NEWS & TOPICS

ガラスコーティングを施工したスマホの強度はどのくらいのものなのでしょう。持続性と共に気になることかと思います。ガラスコーティングをしたからといって、絶対に割れないわけではありません。ですが、保護フィルムより強度はありますし、ガラスコーティングで保護できるのはディスプレイだけではありません。スマホ全体を保護することもできます。オーパス・ナインでは通常のガラスコーティングより更に強い特殊ガラスコーティングを施工しいています。ガラスコーティングと何が違うかということをご説明します。

通常のガラスコーティングと特殊ガラスコーティングの違い

そもそも、ガラスコーティングとはどういったものなのでしょうか。
一般のガラスコート剤は脂分が多く撥水性です。撥水性のため水との親和性がなく、溶剤がうまく混ざらずにムラができてしまったり、何度も調整が必要であったりしました。更に塗布後に硬化してしまうので柔らかいものには施工できないという欠点も存在します。また、紫外線にも弱いので変色してしまったり、施工後は安定するまで水に接触させてはいけないなどの難点があります。では特殊ガラスコーティングはどうなのでしょう。オーパス・ナインで使用している特殊ガラスコーティング溶剤のG-POWERは、他のガラスコート剤とは違って親水性です。親水性なので水触媒を利用すると溶剤が綺麗に混ざり、ムラができにくくなります。施工後の強度は、施工直後よりも施工後日数が経過するほどに強くなるという特徴があり、紫外線で劣化することもありません。

特殊ガラスコーティングの衝撃耐性や耐久性

特殊ガラスコーティングの衝撃耐性や耐久性はどのくらいのものなのでしょうか。
オーパス・ナインで使用しているコーティング剤のG-POWERは、防弾ガラスの技術を使用しています。施工後の硬度レベルはJIS規格の鉛筆硬度試験で加工直後に4Hで、20日後には9Hになるという結果が出ています。つまり時間を経るごとに衝撃耐性が上がっていくということです。また、G-POWERは一般的な有機質のガラスコート剤とは違って完全無機質100%のコーティング剤です。有機質のものが入っていると紫外線によって劣化してしまいますが、特殊ガラスコーティングで使うものは無機質100%ですので紫外線による劣化がありません。多少落としても画面割れすることはありません。絶対に割れれないわけではありませんが、仮に割れたとしても、飛散を防止してくれます。

強度重視ならフィルムより特殊ガラスコーティングがおすすめ

スマホは非常に高性能ですが、その分衝撃には弱いです。いかに安全に保護して長く使用するかというのは、スマホを使っている全ての人が気にしている部分だと思います。しかし、どんなに気をつけて使用していたとしてもスマホが手から滑り落ちてしまうことはあります。ほとんどの人がそういう時のためにフィルムを貼って備えていることでしょう。フィルムを貼っているからこのくらいの画面の割れで済んだとほっとしている人には、特殊ガラスコーティングをおすすめしたいです。オーパス・ナインで使用している特殊ガラスコーティング剤は防弾ガラスの技術を利用しています。防弾ガラスというと、銃弾を受けても割れないというものです。その技術が応用されており、なおかつ紫外線による劣化もしないので、強度、耐久性ともにフィルムよりもずば抜けた性能を持っています。強度を重視するのであれば、フィルムよりガラスコーティングをした方がいいといえるでしょう。

まとめ

特殊ガラスコーティングについて紹介してきましたが、どうだったでしょうか。絶対に割れないわけではありませんが、特殊ガラスコーティングを施工したスマホはかなり頑丈です。スマホを傷から守りたいと思われたら特殊ガラスコーティングを視野にいれてみてはいかがでしょうか。強度の高い特殊ガラスコーティングはオーパス・ナインへご用命ください!